スポンサーリンク
英文法

Would you mind …? – ていねいな依頼や提案、許可を求める表現

誰かに何かを依頼したいとき、can と will ではどちらを、また現在形と過去形のどちらを使えばいいのでしょうか。こちらから何かを提案したいときや、許可を求めたいときは? 定番のパターンを見ていきましょう。 シンプルな依頼: Can you ...? / Will you ...? "Can you (please) ...?" または "Will you (please) ...?" で依頼のかたちになります。どちらかというと can の方が will よりも一般的。...
2019.11.12
英文法

had better / have got to – 「したほうが」「しなければ」の表現

should や must、have to などを用いた「したほうがいい」や「しなければならない」をはじめ、「するしかない」「したほうがよかった」などの英語での微妙な使い分けを把握しましょう。 must / have to: しなければならない must も have to も「しなければならない」ことを表現します。have to の方がより一般的で、must はルールや指示などを文書で示す際に特に用いられます。"have to" の代わりに "have got to" ...
2019.11.12
英文法

If と wish を使いこなす – さまざまな仮定法の表現

If を使った仮定法をはじめ、wish のように if を使わない仮定法についてもまとめました。具体的な例と一緒に確認していきましょう。 現実的かどうかで使い分ける: if somebody does/did "If somebody did" というかたちの文を見たことはあるでしょうか。いわゆる仮定法です。Did を使っているものの、これは過去のことを指しているわけではありません。できる・できた の使い分け- Can / could / be able to の違い で...
2019.11.12
英文法

できる・できた の使い分け- can / could / be able to の違い

Can は「できる」を表現する最もポピュラーな語ですが、その過去形である could 、そして be able to もよく使われているのをよく目にします。これらはどのような感覚で使い分けられ、解釈されるのでしょうか。それぞれの違いを把握しておきましょう。 基本的な意味: can は可能性、能力、許可を表現 Can は可能性があること、実現する能力があること、あるいは実行が許可されていることを表現します。 My grandfather can swim. (祖父は泳げ...
2019.11.14
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました