Which、what それとも that – 関係詞の種類と使い分けを整理する

中学英語で登場する関係代名詞には who/which/that 以外にも色々あります。特に “the thing(s) that” を意味する what はネイティブの会話にも頻繁に出現します。ここでは代表的な関係詞 (wh修飾) の基本的なルールといくつかの注意点を説明します。

ルールが異なる2種類の関係詞と who / which / that

Who / that は人を指示する関係代名詞、which / that は物事を示す関係代名詞です。

  • The girl who lives next door is an elementary school student. (that でも可)
  • The robot that is working in your room is a kind of vacuum cleaner. (which でも可)

Grammar in Use Intermediate によると、物事を示す関係代名詞としては which よりも that を使うほうが一般的です。

限定用法と継続用法 (制限方法と非制限用法)

関係代名詞を使うにあたっては、覚えておきたいいくつかのルールがあります。まず、that は基本的に物事と人物どちらにも使えると書きましたが、文法的に、that ではなく who / which を使わなければならない場面もあります。さらに、関係詞自体を省略できるケースと省略できないケースがあります。

これらの制約は具体的には、関係詞のタイプによって決まります。関係詞には次のような2つの種類があることを覚えているでしょうか。

  1. The girl who lives next door is an elementary school student. (限定用法)
  2. My cousin Alice, who lives in Albuquerque, is an elementary school student. (継続用法)

前者(1)の who では「どの女の子のことなのか」を聞き手に説明しています。この文では who が “The girl” の意味を説明していることに注目してください。一方、後者(2)での who は「Alice がどこに住んでいるか」という補足的な情報の働きをしているにすぎません。もう一度2つ目の例を見てみましょう。

  • My cousin Alice, who lives in Albuquerque, is an elementary school student.

冒頭の “My cousin Alice” の時点で、聞き手は既に Alice が話し手のいとこであることを知っており、ここでの who は 「Alice とは何のことか」というような意味を説明しているわけではないのです。

カンマのない前者のような文を「限定用法」または「制限用法」、文にカンマが入っている後者のような文を「継続用法」または「非制限用法」といいます。

関係代名詞の使い分けと省略ルール

冒頭で述べたいくつかのルールは、これらの用法によって変わります。まず、継続用法では who / which の代わりに that を使うことができません。人を指示する場合は who、物事なら which を使う必要があります。つまり、最後の例の “who lives in Albuquerque” を “that lives in Albuquerque” とはできないのです。

さらに、継続用法では関係詞を省略できません。一方、限定用法で、かつ関係詞が主語ではなく目的語である場合は関係詞を省略できます。

  • The girl who lives next door is an elementary school student. (関係詞は主語なので省略できない)
  • The computer (which) I want to buy is too expensive. (関係詞は目的語なので省略できる)

関係代名詞と前置詞

関係代名詞が前置詞の目的語になっている場合は、前置詞を関係詞の手前に置くことができます。口語体では、前置詞を関係詞の手前ではなく元の場所に置くことが多いようです。

  • He is the man (who/whom/that) I want to talk to.
  • He is the man to whom I want to talk.

前置詞を関係詞節の手前に置く場合、関係詞には who を使うことはできないことに注意しましょう。

What は “the thing(s) that”

関係詞としての what は “the thing(s) that” で置き換えれば意味が分かりやすいでしょう。つまり、”the thing(s) that” で置き換えられるならば what が使えます。What が使える場合とそうでない場合を比較してみましょう。

  • Do not tell anyone what you saw.
  • Forget everything that you saw. (ここで what は使えない)

後者の例は “everything” であって “the thing(s)” ではないので what は使えません。

いろいろな関係詞 whose / whom / where / why

主に主語が人物のとき、関係詞が主語の所有物や関係する人やものを指示する所有格である場合には whose を使います。

  • I saw a man whose umbrella was stolen.

関係詞 who が目的語のときは who の代わりに whom を使うことも可能です。

  • The man whom I wanted to meet was not at the house.

Where は、人や物ではなく場所を指すときの関係詞です。

  • The hotel where we stayed was far from downtown.
  • It is prohibited to play with sparklers the in the town where I live.

Why は理由を指示する関係詞として使えます。

  • I don’t know the reason why she calling someone such a midnight.

時を指示する関係詞として that が使えますが、省略も可能です。

  • Do you remember the day (that) you gave birth to her?
  • The last time (that) I went abroad, I spent a lot of money.

参考

english-wall.info Rectangle L
english-wall.info Rectangle L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

english-wall.info Rectangle L