万能な基本動詞 get でより豊かな表現を手に入れる

単に「得る」以外にもいろいろな意味に捉えられる get。根底には「動き」と「手に入れる」イメージがあります。インフォーマルな場では特に、get はより幅広い表現に用いられます。考えた文が単調で困ったときは、万能な基本動詞 get を使って、より動きのあるいきいきした表現にできるかもしれません。

さまざまな「手に入れる」

買うこと、獲得すること、何かを受け取ること、それから理解することなど、すべて get という動詞で表現できます。

  • Where did you get your new jacket? (どこで買ったの)
  • Can you get me a cup of coffee? (コーヒーもってきて)
  • He got a letter from her yesterday. (手紙をもらった)
  • I don’t get it. (分からない)

最後の例のように「理解する」「分かる」ということさえ表現できてしまいます。見慣れないと少し不思議に感じるかもしれませんが、「情報を頭で受け取る」というふうにとらえればしっくりくるのではないでしょうか。

状態を変化させる、何かが起きるようにする

単に「手に入れる」だけでなく、ある状態を変化させる、何かが起きるようにする、というときにも get は使われます。例えば、何かを終わらせる、何かをしてもらう、どこかに到着する、といった表現です。

  • I have to get this task done in the morning. (午前中に終わらせないといけない)
  • I got my son to help me with chores. (息子に手伝ってもらった)
  • I’ll get there on time. (時間通りにそこへ着くよ)
  • Get ready in 40 seconds. (40秒で支度しな)

状況の変化

Get は「日が暮れて辺りが暗くなってきた」とか「誰かが怒りはじめた」といった、人や物事の状態が変化する様子を表現するときにも使われます。

  • It’s getting dark. (暗くなってきた)
  • He got angry. (怒った)
  • The situation is getting worse. (状況は悪くなる一方だ)

受動態として

Be 動詞や get、have を使った受動態 でも紹介している通り、受け身の be 動詞の代わりに get を用いることができます。Get は be 動詞と比べて動きを強調するニュアンスがあるようです。

  • I got promoted. (昇進したよ)
  • They got married. (結婚したよ)

「始める」「始めよう」といった意味で使われる “getting started” も、同じ使い方であることが分かりますね。「道に迷った」「迷子になった」という意味の “got lost” も同様です。ただし受動態でも、like や know のような心の中の動きを表現する動作には使えないことに注意しましょう。

Have と have got

Have got は have と同じ意味で使うことができます。次の例は、どちらも got 無しでも通じる文ですね。

  • I’ve got a headache. (頭いたい)
  • I’ve got an idea. (ひらめいた)
  • She’s got a bright future. (明るい未来がある)

また、「しなければ」の have to も have got to と言うことができます (関連記事: Had better / have got to – 「したほうが」「しなければ」の表現)。

参考

english-wall.info Rectangle L
english-wall.info Rectangle L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

english-wall.info Rectangle L