Be 動詞や get、have を使った受動態

受け身の文といえばbe動詞を用いた受動態ですが、have を使って「してもらう」を表現することもあります。また、インフォーマルな口語ではbe動詞や have の代わりに get を使った表現方法もよく使われます。こういった表現にも慣れておきたいところです。

Be 動詞と過去分詞を使った受動態

助動詞+受動態 で過去を表現するには完了形を使う

助動詞で過去を表現する場合は完了形になります。これは受動態を組合せる場合も同じです。

  • He should have been invited to the party. (招待されてたはず)

されている: -ing の受動態

「される」ではなく「されている」と進行形を表現するには、 be being done というかたちを使います。

  • The roadside trees were being pruned last week. (街路樹が刈られてた)

Be given: SVOO を受動態で表現する

たとえば “Someone gave him the news.” のような SVOO 型の文を、受け身の表現で言い換える場合、次のように2つの方法があります。

  • He was given the news.
  • The news was given to tim.

ちなみに、SVOO 型の文では次のような「誰かに何かを与える」系の動詞が使われます。

  • give
  • ask
  • offer
  • pay
  • show
  • teach
  • tell

“It is said to” としての “be supposed to”

“be supposed to …” といえば「…することになっている」「…するべき」といった意味で使われるフレーズが思い浮かぶかもしれません。

  • She was supposed to meet them there at 8 p.m. (そこで合うことになっていた)
  • You are not supposed to do that. (それをするべきじゃない)

実はそれに加えて、”is said to” のような「…と言われている」という意味合いで使われることもあります。

  • This movie is supposed to be great. (= This movie is said to be great.)
  • She is supposed to have lost a lot of money by the financial crisis. (= She is said to …)

Get hurt: be の代わりに get

受動態の be は get で置き換えることができます。こういった用法の get は特にインフォーマルな口語の文で使われます。

  • I got invited to the party. (招待された)
  • The earthquake paralyzed the transportation system, but fortunately nobody got hurt. (誰も怪我せずに済んだ)

ただしこの用法の get は、like や know のような、心の中の動きを表現する動作には使えないことに注意しましょう。

関連記事: 万能な基本動詞 get でより豊かな表現を手に入れる

“Have something done” で「してもらう」

いわゆる使役構文のかたちですね。「髪を切ってもらう」とか「配水管を修理してもらう」など、自分が実際に手を動かさずに行なう (やってもらう) ことには have を使います。散髪について話すとき、have を使わない例と使った例とで意味を比べてみましょう。

  1. Claire is cutting her hair. (自分で 髪を切っている)
  2. Claire is having her hair cut. (髪を切ってもらっている)

「髪を切っている」というと最初に思い浮かべるのは、髪は美容室か理容室での光景ではないでしょうか。これを日本語のまま1のような文にしてしまうと、わざわざセルフカットしているのかと受け取られてしまいます。こういった、自分の手を動かしてやらないような「してもらう」ことには have を使います。他の例も見てみましょう。

  • Alice had her car repaired last week. (整備士さんにやってもらう)
  • I’d like to have another key made for Claire. (鍵を作ってもらう)

この用法の have は、主語の人物の意思とは関係ない第三者によって行なわれる (される) 物事にも使えます。

  • Charlie had his wallet stolen. (盗まれた)

ちなみに、主にインフォーマルな口語では have の代わりに get を使えます。下の文は上と同じ意味になります。

  • Charlie got his wallet stolen. (盗まれた)

参考

english-wall.info Rectangle L
english-wall.info Rectangle L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

english-wall.info Rectangle L