英語タイトルの大文字化 – 一般的なルール

映画や小説、ブログ記事などをよく見ると、英文のタイトルは最初の語以外も頭文字に大文字が使われていることに気付きます。タイトルの文章には、普通の文とは違うルールがあります。”title capitalization” “title case” のようなキーワードでウェブを検索してみると、そのルールはスタイルによって微妙に異なり、各スタイルに共通するルールと、スタイル毎に異なるルールがあることが分かります。ここではどのスタイルにも共通する、一般的なルールを主に解説します。

頭文字を大文字にする単語

一般的に、次のような単語の頭文字は大文字にします。

  • 先頭の単語
  • 末尾の単語
  • 名詞: apple, zoo
  • 形容詞: available, tiny
  • 動詞: get, like
  • 副詞: angrily, cowardly
  • 代名詞: you, she, it
  • 従位接続詞: because, if, so

頭文字を大文字にしない単語

次のような単語の頭文字はタイトルでも常に小文字にします。

  • 冠詞: a, the
  • 等位接続詞: and, or, but
  • 前置詞: in, on, at, from, by

ただしスタイルによっては、5文字未満の短かい単語の頭文字は大文字にしないとするものもあります。

実際のタイトルの例

本や映画、楽曲などの具体的なタイトルで、ルールを確認してみましょう。

  • Anyone Can Play Guitar (Radiohead の楽曲)
  • Catch Me If You Can (映画のタイトル)
  • …I Care Because You Do (Aphex Twin のアルバム)
  • The Catcher in the Rye (J. D. Salinger の小説: ライ麦畑でつかまえて)
  • The Old Man and the Sea: (Ernest Hemingway の小説: 老人と海)
  • There’s a Boy in the Girls’ Bathroom (Louis Sachar の小説)

冠詞である a や the、等位接続詞である and、前置詞である in は (先頭に来ない限り) 全て小文字となっていることが分かります。一方、従位接続詞である if や because は先頭に来なくても頭文字が大文字になっていますね。

見出しも Title Case にすべきか

タイトルだけでなく見出しも上記のような法則に従って大文字を使うべきなのでしょうか。実は、これも地域やスタイルに依存するようです。見出しについては普通のセンテンスと同様に先頭の頭文字だけを大文字にする sentence case を使う場合と、見出しにもタイトルと同様に title case を使う場合があるようです。

  • Capitalization Rules for Titles and Headlines of Articles (title case)
  • Capitalization rules for titles and headlines of articles (sentence case)

どちらを使うにせよ、全体を通してスタイルは統一したほうが良いでしょう。

全て大文字にするケース

本の表紙のタイトルや新聞の見出しなど、全ての文字を大文字にする場合もあります。All caps と呼ばれるこの表記法は、他にも様々な場面で強調のために用いられますが、一般的には可読性が低いとされていること、叫んでいるような強烈な印象を与えかねないことから、多用は避けた方が無難です。

参考

english-wall.info Rectangle L
english-wall.info Rectangle L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

english-wall.info Rectangle L