英語タイトルの大文字化 – 一般的なルール

映画や小説、ブログ記事などをよく見ると、英文のタイトルは最初の語以外も頭文字に大文字が使われていることに気付きます。タイトルの文章には、普通の文とは違うルールがあります。”title capitalization” のようなキーワードでウェブを検索してみると、そのルールはスタイルによって微妙に異なり、各スタイルに共通するルールと、スタイル毎に異なるルールがあることが分かります。

頭文字を大文字にするもの

一般的に、次のような単語の頭文字は大文字にします。

  • 先頭の単語
  • 末尾の単語
  • 名詞: apple, zoo
  • 形容詞: available, tiny
  • 動詞: get, like
  • 副詞: angrily, cowardly
  • 代名詞: you, she, it
  • 従位接続詞: because, if, so

頭文字を大文字にしないもの

次のような単語の頭文字は小文字にします。

  • 冠詞: a, the
  • 等位接続詞: and, or, but
  • 前置詞: in, on, at, from, by

スタイルによっては、5文字未満の短かい単語の頭文字は大文字にしないとするものもあります。

タイトルの例

本や映画、楽曲などのタイトルで、ルールを確認してみましょう。

  • Anyone Can Play Guitar
  • Catch Me If You Can
  • …I Care Because You Do
  • The Catcher in the Rye
  • The Old Man and the Sea
  • There’s a Boy in the Girls’ Bathroom

冠詞である a や the、等位接続詞である and、前置詞である in は (先頭に来ない限り) 全て小文字となっていることが分かります。一方、従位接続詞である if や because は先頭に来なくても頭文字が大文字になっていますね。

参考

english-wall.info Rectangle L
english-wall.info Rectangle L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

english-wall.info Rectangle L