2019-11

スポンサーリンク
英文法

中学英語の総復習 – 最速で英文法の基本をやり直す

3年分の総復習をできるよう中学英語のアウトラインをまとめました。英語学習の基礎となる中学英語を一気におさらいして、忘れている箇所がないか、または自分の弱点がどこかを確認していきましょう。 文には動詞がある 文にはふつう動詞が含まれます。 I speak English. She runs. 2つ目の例のように、主語が三人称単数の場合は動詞には s がつきます (run → runs )。これを3単現のSと呼びます。ただし、語尾が o ch sh s である動詞は ...
学習法

毎日の限られた時間でもっと英語に触れるための7つの実践

仕事や勉強で忙しい毎日、英語以外にもやることは山積しています。とはいえ英語の習得には実践の積み重ねが欠かせないことは、英語学習の経験が長い人ほど実感するところではないでしょうか。限られた時間のなかで、もっと英語に触れる機会を確保するにはどうすればいいでしょうか。たとえ机に向かってやる英語学習は1日あたりほんの20分でも、通勤や移動などのちょっとした隙間時間を有効に活用することで、トータルで2時間以上は英語環境にいるということも実は不可能ではありません。ここでは、日本にいながら...
発音

アクセントを意識して英会話の「?」を無くす – ストレスする位置の一般的なルール

アクセントを意識できるようになることで、発音だけでなくリスニング力も向上します。この記事で紹介する「ストレス (強勢アクセント)」とはセンテンスの一部の単語や、単語の一部の音節を長く、はっきり、高いピッチで発話することです。単語を発音するときに間違った場所にストレスを置いてしまうと、聞き間違えられてしまったりします。また、適切なストレスの位置を知らないことで、ネイティブの話す英語をうまく聞き取れないこともあるでしょう。ここでは、なぜアクセントの違いでそういった不都合が生じるか...
2019.11.12
発音

英単語のスペルと発音の関係についてのガイドライン

英語は様々な言語をルーツに持つため、同じ発音に対応するさまざまなスペルがあったり、逆に、同じスペルでも発音が異なる場合があります。一方で、スペルと発音は全く無関係というわけでもありません。綴りに対応する発音やアクセントのルールとして、100%ではないもののある程度の関係性のパターンは存在します。例外が多くあることを知ったうえで、そういった規則性に則ったルールをある種のガイドラインとして覚えておくことで、未知の単語に出会ったときの学習の効率が上がることを期待できます。こういった...
2019.11.12
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました