このサイトについて

スポンサーリンク

もしも母国語の文を単なる記号の並びとして、会話を単なる音の変化としてしか認識できなくなったとしたら、果たして私達は普段送っている生活と同じように過ごせるでしょうか。何とか生きていくことはできても、非言語コミュニケーションだけでは豊かさや楽しさは半減してしまいそうです。同じように、もしも英文法や単語、アクセントの知識が全くなければ、英文はアルファベットの連なりとして、英会話はノイズとしてしか認識できないでしょう。それらをメッセージとして認識できるまでには、越えなくてはならない壁が立ちはだかっています。近年、外国語圏は以前よりも身近に感じられるようになってきました。英語の壁を越えて、英語を日常的な言語として扱えるようになると、そこには一体どのような景色が広がっているのでしょうか。どうやらそれを知るには、生きた英語をひとつずつ自分のものにしていく実践の積み重ねがどうしても必要なようです。このサイトでは、私と同じように英語を第二言語として習得しようとしている人へ向けて、私自身が学んだ様々な文法/フレーズを、簡潔な説明と具体的な例文で紹介します。

著者: lerche

2012年、出張で海外の国際カンファレンスへ参加したものの全く英語が聞き取れず、それからは毎日少しずつ英語の練習をしている。リスニングが弱い。

使用している画像素材の提供元

タイトルとURLをコピーしました