abandon と abundant の違いと覚え方 – 紛らわしい単語たち

スポンサーリンク

abandon と abundant はどちらも頻出 (SVL Level 5) の単語ですが、見た目の類似性から区別が難しかったり、覚えづらいと感じることがあります。両者を比較し違いを整理することで、紛らわしさをクリアにしましょう。

abandon と abundant それぞれの意味

abandon (発音記号: əbǽndən) には他動詞で「諦める」「断念する」「見捨てる」「引き渡す」「放棄する」といった意味があります。また名詞で「自暴自棄」「自由奔放」といった意味もあります。

一方、abundant (発音記号: əbʌ́ndənt) には形容詞で「たくさんある」「豊富な」といった意味があります。

見た目の特徴で覚える

全く異なる意味でありながら、どことなく似ていてはじめは覚えづらいかもしれません。縦に並べてみると、どこが異なるか分かりやすいです。

  • abandon
  • abundant

慣れるまでは「3文字目のaは諦めるのa」のように、文字の違いからに意味の違いをこじつけておくと良いかもしれません。

語源で覚える

abandon は2つのラテン語が語源になっています。at, to を意味する adと、proclamation (宣言、布告) を意味する bannum から形成された単語です。そして bannum は、ban (禁止する) と同じルーツです。これだけでは現在の意味に辿りつくのは中々難しいですね。

abundant は、off, away from を意味する ab と、a wave を意味する unda から形成されたラテン語で to overflow, flow in profusion, have in excess (溢れる、大量に流れる、過度に持っている) などを意味する abundare から来ています。大きな波のうねりのイメージから豊かさを連想できると良いかもしれません。

参考

タイトルとURLをコピーしました