Only? quite? 「いっぱい」「ちょっと」の表現

「いっぱい」「ちょっと」に使える表現方法は名詞が数えられるかどうかによって変わります。例えば、同じ few を使った文でも Only a few を quite few にするだけで「ちょっと」が「いっぱい」になってしまったりします。これらの単語を使い分ける方法をひとつずつ見ていきましょう。

数えられる名詞か、数えられない名詞か

数えられない名詞には much / little、数えられる名詞には many / few を使います。

  • How much is tax in Japan?
  • How many people in the park?
  • Few people survived inside the collapse of the building.

また、数えられる/数えられないどちらの場合にも a lot of / lots of / plenty of を使えます。Plenty of には “more than enough”、つまり「二十分に、ありあまるほどにある」といった意味があります。

  • He has a lot of money.
  • There are a lot of children in the park.
  • There is plenty of room for luggage.

一方、年月日には many を使います。

  • Many years.
  • Many weeks.
  • Many days.

A little / a few

Little / few を単体で使うと「少し」「〜しか」などのネガティブな意味合いをもたせることになります。

  • He speaks little English, so we might need an interpreter. (あんまり話せない)
  • The project has few issues. (課題はほとんどない)

一方、a little / a few と冠詞をつけると、「少しは」「いくらかは」といったポジティブな意味合いになります。

  • He speaks a little English, so we should able to communicate with him. (少しはは話せる!)
  • The project has a few issues. We might have to discuss them. (いくつか課題があるから…)

Only a little / quite a few

「総合英語 Forest」によると、only と quite を入れ替えることで全く違う意味の文ができあがます。つまり、”only a few” や “only a little” は「ほんのちょっと」を意味する一方で、 “quite a few” や “quite a little” とすると、正反対の「かなりたくさん」といった意味になるそうです。

一方、少し異なった説明をしているソースもあります。「一億人の英文法」によると、この quite は「割に」であり、”quite a few” は「割に多くの」と説明されています。Wiktionary の説明 を見てもこちらの解釈の方が近いようです。

An indefinite and somewhat large number; more than a few; a fair number of.

間をとる感じで「(many / a lot of ほどではないけど) けっこうたくさん」くらいのニュアンスで理解しておくとちょうど良いかもしれません。

  • There are only a few books in this library.
  • There is only a little information there.

Only を quite に置き換えてみましょう。「ほんの少し本がある」が「割に多くの本がある」「けっこう多くの本がある」という意味に変わります。

  • There are quite a few books in this library.
  • There is quite a little information there.

参考

english-wall.info Rectangle L
english-wall.info Rectangle L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

english-wall.info Rectangle L