None, both, either and neither などの不定代名詞の使い方

不定代名詞といえば some や any の他にも、no / none (of) や both / neither / either なども日常会話には頻出します。これらには似た意味のものが複数あったりして、使い分けが難しいと感じたことはないでしょうか。個々の意味についての理解はもちろん、複数形や組合せなどを考慮したときも文法的に正しく使えている状態になっていたいものです。具体的な例で使い方を確認していきましょう。

no / none (of) / nothing / nobody

No + 名詞は not a や not any の代わりに使うことができます。また、それを主語として使うこともできます。

  • We have to walk home because there is no transportation (There is not any transportation).
  • There were no fish in the water tank.
  • I’m no hero, so I won’t act like that.
  • No one wants to die.

None は no と違って、すぐ後ろに名詞を続ける必要はありません。また、次のように none of + 名詞 という形の主語で文をつくるとき、複数動詞と単数動詞 (三単現のSがつく) のどちらも使うことができます。といっても、特に文語では単数動詞を使うのが一般的なのと、of の後ろに数えられない名詞が来た場合にも常に単数動詞を使います。

  • None of my fish lives without a filter. (live も使える)
  • None of water here is drinkable. (are は使えない)

上記のように否定を表現するものとしては、他にも nothing / nobody / nowhere などがあります。Nothing は “not anything”、nobody は “not anybody” を意味します。

  • “Would you like something to drink?” “Nothing. I’m good.”
  • Nobody knows who he is.

こういった否定を含んだ代名詞を使うときは、混乱を招くような二重否定 (double negative) の文にならないように気をつけたいものです。例えば、次の文を否定のかたちにすると二重否定になってしまうため避けるべきです。

  • I did nothing today. (I didn’t nothing … はおかしい)

Somebody や anyone などと同様、nobody / no one では性別が分かりません。そのような場合、後ろの文でその代名詞を指すために “he or she” や “his or her” の意味で they / them / their などの代名詞が使えます。

  • Nobody said it is easy, did they?
  • Nobody finished their exercises on time, at 7:00 pm.

関連記事: 似ているようで違う some と any の関係と使い分け

both / neither / either

複数の対象について言及するとき、基本的には、対象が2つなら both / neither / either を、それ以上ならば any / none / all を使えます。対象を列挙する場合の接続詞はそれぞれ以下のように異なりますので使い分けに注意しましょう。

  • both … and: Both Alice and Bob passed the exam.
  • neither … nor: Neither Alice nor Bob passed the exam.
  • either … or: Either Alice or Bob passed the exam.

each と every

Each と every はそれぞれ「おのおの」「あらゆる」などと訳され、似た意味を持っています。しかしながら、それぞれには微妙な違いがあります。Each も every も対象のひとつひとつに対する言及としては同じはたらきをしますが (そのため単数として扱う)、every は each と異なり対象の集団全体への意識が向いています。

  • Almost every participant took the survey. (“参加者” 全体への意識)
  • Each question has five choices.

また、each と every には次のような使い分けがあります。

  • 2つの対象の各々について言うときは every ではなく each
  • 物事の起きる頻度について言うときは each ではなく every
  • 代名詞として使うときは eacheach one または every one (every 単体では使えない)

all / whole

All は「全部」「全体」を表わす場面で用います。

  • All the spectators were fascinated by the performance.
  • I was there all day.

次の例のように「全部でこれだけ」といった表現にも使われます。

  • All you have to do is (to) put this in the microwave.
  • All I’ve done today is this paperwork.

また、ある「ひとつのもの全体」を表わすときには、”all the” よりも “the whole” が使われることがあります。

  • The whole building collapsed.

関連記事: その他の不定代名詞

参考

english-wall.info Rectangle L
english-wall.info Rectangle L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

english-wall.info Rectangle L