身につく英語学習 – TOEIC 800 点越えまでにやって効果があった学習方法

海外旅行などで英語ネイティブの会話についていけず、カフェやコンビニでちょっとした会話をするにも手間取ってしまうと、自分の周りにとても大きな言語の壁が立ちはだかっていることをありありと実感します。数年前、アメリカの国際カンファレンスで全く英語が聞き取れず、それを克服するために英語学習を始めました。それから数年かけていろいろな学習法を試すことで、なんとかTOEIC800点を越え、以前よりは読み書きに困らず、(リスニングには若干不安が残るものの) ネイティブスピーカーの前でスピーチをできるようにもなりました。ここでは、これまで私がやったことの中から特に効果を実感したものを紹介していきたいと思います。

頼りになる一冊

もしも今の自分のレベルが曖昧でどこから手をつけたらいいか分からないなら、英会話クラスの情報収集はちょっと置いておいて、いちど適当な中学英語の教科書を購入してぱらぱらめくってみることをおすすめします。そして10代の頃にやったはずの内容をよく思い出せないようなら、ここで中学英語をはじめから復習しておくとその後の学習がスムーズになります。

ちょっとぱらぱらめくるくらいなら図書館で借りてきてもいいのですが、こういった中学英語の教科書は長期的にも役に立つので、1冊は持っておくと便利です。私の場合、中学英語をひととおり復習したあともしばらくは、ちょっとした疑問が湧いたときに「くもんの中学英文法」で答え合わせをするのに重宝しました。この本は薄くて持ち運びに便利ですし、それでいて簡潔な説明で全体をしっかり網羅しています。教科書的な用途としては「総合英語Forest」のほうが情報は豊富ではありますが、少し重いのが難点です。

中学英文法を復習する

いざ中学英語をやり直す必要を感じたとして、こういった “教科書” をはじめから終わりまで順に読んでいくのはなかなか味気なくてつらいものです。忙しい社会人が限られた時間で文法についてぱっと学び直すには、あまり考えずに読んでも頭に入ってくる直感的な解説のほうがありがたいのではないでしょうか。新しく始めるゲームのチュートリアルと同じです。私の場合はとにかくわかりやすそうな本をさがして、まずは「英文法のトリセツ」シリーズを順に読んでいきました。説明が口語体でかなり冗長ですが、ライトノベルのようにスイスイ読めるのでスキマ時間にもうってつけです。

とはいえ、いかにわかりやすい説明でも、読むだけですべてを完璧に覚えるのは難しいでしょう。ここでの第一の目的は、まず中学英語の範囲で全体像をつかむことです。ひととおり把握して、あとで読み返したときにすぐ思い出せるくらいになっておけるといいですね。文法を身につけて実際に使えるようになるには、英作文などを繰り返して、英語を使う練習をする必要があります。

瞬間英作文で英語を「使える」ようになる

本を読むことで「中学英語」の全体像をなんとなくつかむことはできますが、それでは実際に文章を書いてみましょうと言われると、本当に単純な文すら咄嗟には出てこないのではないかと思います。サッカーのルールを知っていても、サッカーができるとは限らません。それと同じで、英語習得には勉強が必要な一方で、「知っている」を「使える」状態までもっていくには実践も必要です。こういった実践にうってつけなのが、ドリル形式の教材です。

森沢洋介の「瞬間英作文」シリーズでは、簡単な日本語を数秒で英語に翻訳する練習をくりかえすことで、英語を使うための「筋力」を鍛えます。この本でトレーニングを続けたことで、英作文をはじめとした私の英語力のベースはかなり上がりました。意外かもしれませんが、英文を即座に組み立てられるようになることで、間接的に読解の速度や精度も向上します。

付属のCDの音声を使うと、各問題の日本語と英訳がちょうどいい間隔で交互に再生されるので、本がなくても電車で移動しながら英作文の練習と答え合わせができます。さまざまな文型の作文をすることで、教科書で学習した内容の復習にもなります。ちょっと考えても文が思い浮かばないうちは、さっさと答えを見てしまって文法の理解を深めることに徹しましょう。

「どんどん…」は初級レベルで、例文が文型ごとに分かれているので比較的やさしい内容になっています。少し慣れてきたら、例文が文型ごとに分かれていない「スラスラ…」のシャッフルトレーニングでさらに瞬発力を鍛えましょう。

音読/シャドウイング/リピーティングでリスニング力を上げる

シャドウイングとは普通のスピードで話す英語の話者に少し (1, 2語) 遅れて同じ内容を真似して話す練習法です。輪唱に似ています。リピーティングは、英語話者がセンテンスごとに休止を入れるので、その休止の間に直前のセンテンスをくりかえす、という練習法です。個人的には、リピーティングをくりかえすことでリスニングの精度が1段階上がった実感があります。音読、シャドウイング、リピーティングのうち、リピーティングは特に難しいです。シャドウイングの1,2語ならまだしも、ひとつのセンテンスをまるごと繰り返さないといけないからです。

単なるオウム返しなのにリピーティングがとても難しいのは、読解力と英作文力の両方を求められるためです。というのも、リピーティングの上達には、音声から文の構成と意味をイメージしつつそれを頼りに文を再構成するスキルが欠かせません。イメージから文の再構成ができれば、たとえ細かい記憶が落ちてしまっても、正しい文法で作文する過程で情報の補完ができるからです。そういうわけで、リピーティングには話の内容をイメージできることと、それを瞬間英作文できることが求められます。逆説的に見れば、リピーティングが上達することで、発音だけでなくリスニングでの理解力の向上も期待できます。

オンライン英会話で現在地を知る

十分な基礎ができていない状態でいきなり英会話クラスへ飛び込んでしまうと、手も足も出ずに敗北感だけが残るという結果になってしまいがちです。とはいえ、いつまでも孤独な練習ばかり続けていると、自分が今どれくらい力をつけたのか実感しづらいものです。

もし身近に英語話者とのコミュニケーションをとる機会がないような場合には、月に何度かオンライン英会話のレッスンを受けてみるという手があります。いくつかのサービスでは月に数回だけレッスンを受ける人のためのプランが用意されています。例えば、ECCオンラインレッスンでは、月額970円で2回レッスンを受けられます。

https://online.ecc.co.jp/eccstyle/plan/

しっかりと会話のトレーニングをするつもりでない限り、上達よりも、これまで習得した内容の腕試しができればいいくらいの期待感で挑むのが個人的にはおすすめです。

無理のない方法で語彙力をつける

前述の瞬間英作文シリーズや音読パッケージシリーズはかなり限られた語彙で作成されていますので、ボキャビルという側面ではあまり期待はできません。英語の文章を理解するには文法の他に、使われている語彙を知っている必要があります。とはいえ、膨大な量の単語をひとつずつ機械的に暗記していくという方法ではなかなか継続がむずかしいのも事実です。英単語はストーリーやイメージと一緒に覚えるほうが身につきやすいので、まずはDUOのような例文を通して覚えるタイプの単語帳でなるべく語彙を広げましょう。記載によれば、これだけで6000語程度の語彙レベルに達するそうです。

もしTOEICを受験することを考えているなら、せっかくなのでTOEICで頻出する単語を集中的に覚えるのもいいでしょう。英単語をチャンツで覚えるキクタンシリーズにはTOEICで使われている単語に特化したものがあります。TOEIC 600 や 800 などスコアを目安としてレベル分けされているので、自分の今のレベルにあわせて習得できます。

ほかには、児童文学などの比較的やさしい洋書を選んで読破してみるのも効果的です。1冊を読み終える頃には辞書を引く回数が減っていることを実感できるはずです。最近は Kindle などの電子書籍を使えば、標準で付属している辞書機能でかなり簡単に意味を調べることができるので場所も取りません。読書には語彙を増やす以外にも、読解力を強化する効果が期待できますし、なによりストーリーがあるので継続しやすいというメリットがあります。

TOEIC 模試で試験問題に “慣れる”

TOEICの受験を考えているなら、あらかじめ模試を通して問題の形式に慣れておき、本番で本来の英語力をじゅうぶんに発揮できるようにしておくと良いでしょう。TOEICの出題形式は2016年5月から新形式へ移行し、それまでと少し変わっています。慣れるという意味では、あまりに古い模試は使わない方がいいです。

模試には解答のためのマークシートが付属していますので、本番に備えて使っておくとよいでしょう。学習とはあまり関係がないですが、マークシートには専用の芯が太いシャープペンシルをおすすめします。

参考

english-wall.info Rectangle L
english-wall.info Rectangle L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

english-wall.info Rectangle L