英語で英語を学ぶ – Grammar in Use をはじめとした英語教材を使った学習

基本的な英文法をある程度使えるようになると、英語で英語を学ぶということが可能になります。そうすることで、実践として英語を使うことになりますし、より英語に触れる時間を増やすことにもなります。また、英語で書かれた説明も読めるということは、それまで利用できなかった多くの英語コンテンツからも学習できるということです。学習の幅が広がりますね。ここでは、日本語の制限を取り払った学習方法として、いくつかの教材を紹介します。

実用的な文法を学ぶ: Grammar in Use Intermediate

Grammar in Use Intermediate は Raymond Murphy による英文法の教科書&ドリルです。Grammar in Use シリーズはレベルに合わせていくつかの種類があり、初級と中級に位置するレベルには北米版が用意されています。質の良いテキスト/ドリルを探している人にはうってつけのシリーズです。

現在の英語力として、既にある程度文法を押さえている段階であるという前提で、かつ私たちが学校で習うのはアメリカ英語であることを考慮すると、アメリカ英語の中級に位置する Grammar in Use Intermediate は今後の英語学習の良いお供になります。洋書ということで、当然すべて英語で書かれてはいますが、文章は平易な表現で、かつ図やイラストなども使われていますので、ほぼ問題にはならないはずです。


Grammar in Use Intermediate

Grammar in Use Intermediate や Advanced Grammar in Use の巻末にはちょっとしたテストが用意されており、これを使って今の自分の弱点を簡単に確かめることができます。テストの各問には対応する UNIT (学習すべきページ) が書いてあるため「間違った問題に対応する UNIT を重点的に復習する」という使い方ができ、かなり効率的に学習を進めることができます。

各UNITは見開きで、1ページ目に文法の説明、2ページ目に練習問題が用意されており、その繰り返しです。合計142のUNITで構成されています。

オンライン英会話を併用して学習の質を高める

Grammar in Use は頼れる教材である一方、独学ではどうしても疑問点や理解が曖昧な点が出てきてしまうのではないでしょうか。また、机の上での「お勉強」ばかりではメリハリがなくて飽きてしまいがちという面もあります。限られた時間で、少しでも実践をまじえた学習/経験を積み上げていきたいものです。

そこで、スカイプなどを利用したオンライン英会話を併用するという活用方法があります。多くのオンライン英会話サービスでは教材の持ち込みができますし、フリートークで質問することもできます。もしすでに自分に合ったサービスがあればそれを利用して、分からないことはさっさとプロに聞いてしまいましょう。

どのサービスを利用しようか迷っている場合には、現時点ではDMM英会話がオススメです。DMM 英会話は扱っている教材の数が多く、そのラインナップには Grammar in Use IntermediateBasic Grammar in Use も含まれています。

https://eikaiwa.dmm.com/material/grammar_in_use_intermediate/

レッスンを予約すれば教材がオンラインで閲覧可能になるので、たとえ手元にテキストが無い状況でも予習や受講ができます。ただしここで閲覧できる教材は (内容的には同じですが) 日本語版なので、その点だけ注意してください。ちなみにDMM英会話の講師には日本人もいたりするので、うまく会話ができなくてもいざとなれば日本語で質問、という手も使えるかもしれません。

オンライン英会話でどの教材を使うかが決まっていれば、自然と予習をするモチベーションにもつながります。これを活用しない手はありません。実感として、レッスン前の15分の予習は本編の25分と同じくらい濃い学習になります。

北米英語の発音を学ぶ: Mastering the American Accent

発音やリスニングの上達に悩んでいる場合は、Mastering the American Accent で発音ルール、音の変化や省略について改めて復習し、付録の音声コンテンツを聞いて真似るといった練習をすると良いかもしれません。電子書籍版を買った場合も、音声コンテンツは別途ダウンロードできます。


Mastering the American Accent

Chapter1から4までは発音について、その後シラブルや単語のアクセント、イントネーション、音の変化などの詳しい解説が続きます。全体を通して、話者が本のほぼ全文を例と一緒に読み上げるので、しっかり音声を確認しながら進められます。音声もクリアで聞きとり易いですので、慣れてくると本を見ずに聞くだけで復習/練習ができます。

洋書を読破する

教科書ではありませんが、英語読書というのも英語力を上げるうえで大きな効果があるそうです。「英語耳」によると、リスニング力を身につけるにあたり英文読書をすすめています。

英語を完全に聞き取れる「英語耳」の状態になるために、最後に必要となるのは「語彙力」と「読解力」です。

(引用元: 英語耳 p.134)

英文での読書はこれらの「語彙力」「読解力」を身につけるのに有用なのだそうです。私自身もいくつか児童文学のような比較的易しいものを読みました。そして確かに語彙や読解力、結果的に読解のスピードが向上した実感があります。

Louis Sachar (ルイス・サッカー) は児童文学作品を多数出している有名な作家です。読み易くストーリーも明快なので、とっかかりとしてはおすすめです。Louis の代表作である Holes は上記の「英語耳」でも紹介されています。


Holes


Someday Angeline

最初は単語の意味を調べながら少しずつ読み進める必要があるかもしれませんが、1冊を読み終える頃には、辞書を引く回数が減っていることを実感できるはず。最近は Kindle などの電子書籍を使えば、標準で付属している辞書機能でかなり簡単に意味を調べられます。片手でできるので、通勤電車やちょっとした待ち時間に少しずつ進めることができます。

オーディオブックで洋書を聴く

もし既に読んだことがある洋書があるなら、Audible のようなオーディオブックでリスニングに挑戦するのはどうでしょうか。考えてみると当たり前な気もしますが、リスニングの上達には、実際に英語をどれだけ聴いたかが重要であると言われています。既に内容を知っている作品なら聴き取るためのハードルも低いですし、手元に書籍があればスクリプトを追いながら聴くこともできます。

多読/多聴に関する関連記事

英語学習に登場する用語を英語で

英語についての解説を英語で読むとき、文法についての用語などをあらかじめ英語で把握しておくとスムーズです。以下にいくつか例を挙げます。

日本語英語
動詞verb
助動詞auxiliary verb, helping verb
名詞noun
代名詞pronoun
固有名詞proper noun
形容詞adjective
副詞adverb
前置詞preposition
冠詞article
不定詞infinitive
動名詞gerund
分詞participle
限定詞determiner
接続詞conjunction
関係詞節relative clause
完了形perfect tense
受動態passive voice
仮定法subjunctive

参考

english-wall.info Rectangle L
english-wall.info Rectangle L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

english-wall.info Rectangle L