That is … yikes! – Better Call Saul S1E4 のフレーズと意味

海外ドラマ Breaking Bad のスピンオフ作品である Better Call Saul (ベターコールソウル) シーズン1エピソード4 (Hero) に登場するフレーズの意味と使い方について解説します。各シーンの時間は Netflix での再生時間です。

That’s what I’m talking about.

01:12 頃。Jimmy がもう一人の男に次の店へ遊びにいくかと聞くと「もちろん行こう」となった。そんな流れでの一言。

That’s what I’m talking about.

字幕では「そうこなくっちゃ」となっています。Wiktionary によると、”that” に対する熱狂的な支持の表明に使われるフレーズとのこと。文脈によって「だよなー」「その通り」「そういうこと」といった日本語にも対応しそうです。

S’all good.

01:31 頃。男が Jimmy に名前を聞いて Jimmy が答えたのがこの台詞。

S’all good, man.

これが彼の Saul Goodman という名前の由来なんでしょうか? “S’all good” は “It’s all good.” の短縮形ということです。まれにジョークというか嘘があるので見るときには気を抜けない Urban Dictionary ですが、こういった口語独特のフレーズを調べるには重宝します。ちなみに本編での日本語字幕でも「”すべてよし” だ」となっているので間違いないでしょう。

That is … yikes!

29:34 頃。Howard Hamlin がロゴの色を “Hamlindigo” と名づけていることを耳にして Jimmy が言った一言。

Holy crap, you seriously named a color Hamlindigo? That is … yikes!

Yikes は唐突な精神的ショックや、不愉快な/良くない状況を表現するスラングということです。また、どうやら若干コミカルというかこっけいなニュアンスを含めたいときに使われることがあるようです。Yikes で画像検索をするとそういったニュアンスが視覚的に感じられるかもしれません。

この文脈だと、ある色に自分の名前をつけるという Howard のナルシスティックな言動に対する嘲笑と不快感の入り交じった「うげっ」という感情を表現しているのではないでしょうか。日本語字幕では「それはイタいね」となっていました。なるほど。

I knew you had it in you.

仕事の依頼が来はじめた Jimmy に Chuck が言った一言。Cambridge Dictionary によると “have it in you” で[(あなたが)特定の能力を保持している」といった意味になります。ここでは「おまえならやれると分かっていたよ」というところでしょうか。

その他のフレーズ

  • 01:57 頃: “what-do-you-call-it
    • “what-you-may-call-it” と同様、「なんとかかんとか」みたいなはっきりと名前を言えないときのフレーズ。
  • 14:14 頃: “Well, I believe I did more than what you asked of me …so that would make us square, yes?”
    • ここでの “square” はビジネス的な文脈で、互いに対等であるとか、貸し借りがないことを意味します。
  • 17:57 頃: “Upon this rock, I will build my church.”
    • マタイの福音書からの引用でイエスがペテロに言った言葉。
  • 26:00 頃: “How pissed was he?”
    • “piss” は (誰かを) 怒らせるという動詞の働きもします。受動態の “be pissed” で怒るという意味になります。
  • 30:46 頃: “Jimmy. Wise up.”
    • “wise up” で、「分かって」「馬鹿なことはやめて」「賢明になれ」といった意味。
  • 43:26 頃: “Keep it up.”
    • (その調子で) 頑張れ、という意味。

参考

english-wall.info Rectangle L
english-wall.info Rectangle L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

english-wall.info Rectangle L