Cross a line – Better Call Saul S1E2 のフレーズと意味

海外ドラマ Breaking Bad のスピンオフ作品である Better Call Saul (ベターコールソウル) シーズン1エピソード2 (Mijo) に登場するフレーズの意味と使い方について解説します。各シーンの時間は Netflix での再生時間です。

cross a line

08:50 頃。スケートボーダー2人を追って後から来た Jimmy (Saul) が Mijo (Tuco) の家で弁明しているシーン。

Now, at this juncture, I am deducing that they said or did something … that crossed a line, and you, with some justification, you put them in their place.

“crossed a line” というフレーズは、この回の終盤 44:00 あたりにも出てきます。

I crossed a line. I made a mistake.

“cross a line” または “cross the line” は文字通り (最後の) 一線を越えてしまうことを比喩したフレーズです。その線 (しきい) を越えることはよくないこと/不適切なことだけど、越えてしまうこと。そういった意味になります。

ちなみに台詞の最初のほうにある “at this juncture” は “at this time” のように「この時点で」を意味します。”deduce” は推定や推測をするという意味の動詞です。

台詞の最後にある “put them in their place” というのもまた別の慣用句です。”put someone in someone’s place” で謙虚にさせる、威厳を低める、身の程をわきまえさせるといった意味になります。

nuclear option

09:25 頃。Jimmy がスケートボーダ2人の安否について言及して「殺すのはやりすぎだよね」というようなことを言うシーン。

Why jump to the nuclear option?

“nuclear option” 、核というキーワードから想像できるように「最終兵器」「最後の手段」といった意味でここでは使われています。最後の手段という意味では “last resort” という言葉もよく使われます。

light on

You’re light on stickers.

35:55 頃。駐車場のステッカーが足りないことを Jimmy に告げる Mike の台詞。”be light on something” は、それ (something) が十分でないとか足りないといったときに使われる表現です。

ちなみに be 動詞が前に来ない場合は全く違うものになります。つまり、light が動詞として使われている文での “light on something” というフレーズには、偶然見つけるとか発見するといった意味があります。

さらに蛇足ですが、LをRに入れ替え “right on!” とすると、「やったね」「その調子」のような同意または承認を表現するフレーズになります。

その他のフレーズ

  • 08:20 頃: “I’m gonna make an educated guess what happened here.”
    • “educated guess” で経験や理論的な知識に基づいた推測。
  • 35:40 頃: “Petty with a prior.”
    • “Petty theft with a prior” のことのようです。
  • 37:40 頃: “Meet me halfway.”
    • “Meet someone halfway” で someone と歩み寄る、妥協すること。

参考

english-wall.info Rectangle L
english-wall.info Rectangle L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

english-wall.info Rectangle L