一緒に覚えて間違わない – be used to と used to do

たまに会話に出没する be used to や used to do は似ているように見えるものの、それぞれ全く違う意味になります。乱暴に言ってしまえば、前者は「慣れている」で後者は「〜したものだ」。どうしても2つを混同しがちなら、どちらも使いこなせるようになってしまうのが一番です。

Be used to / get used to

be used to something で「…に慣れている」という状態を表現できます。「それをすることは新しいことでも変わったことでもない」というわけです。否定のかたちにすれば「…に慣れていない」ということになります。

  • I am used to this keyboard. (慣れてる)
  • She was not used to running barefoot last year. (慣れてなかった)

be used to の後ろには to不定詞ではなく名詞や動名詞 を置くことに注意しましょう。また、be used toto前置詞でありto不定詞の一部ではない ので、後ろに動詞の原形を続けるのは (一見それっぽく見えてしまうかもしれないけど) 間違いです。

Get used to

get used to something で「…に慣れる」ということを表現できます。be used to something によって「慣れている」という 状態 を表現できる一方で、get used to something では「慣れる」という こと を表現できるということです。

  • You will soon get used to it. (すぐに慣れるさ)
  • I got used to this keyboard. (慣れた)
  • She is getting used to running barefoot. (慣れてきている)

Used to do

ではもうひとつの方を見てみましょう。Use を動詞として使う used to do によって「…したものだ」「…だったものだ」という文を作ることができます。

  • I used to play tennis when I was a high school student.
  • There used to be an amusement park here.

この used to do は、過去にやっていて今はもうやっていないことを表現するときに使います。例えば、「(普段から/regularly) テニスをやっている」ということを文にするとき、それが現在なら現在形で、 “I play tennis.” と表現できるが、去年のことなら “I used to play tennis last year.” とできます。

否定や質問では do/does ではなく did を使うことになり、used は use となります。

  • Did you use to play football?
  • I did not use to play any sport when I was young.

Would

Will では表現できない would の役割と使い方 にもあるように、若干の違いはあるものの、 would も used to do に似た表現に使うことができます。

  • Whenever I couldn’t sleep, I would drink some hot chocolate.
  • My grandfather would often take me to the shore in the mornings.

参考

english-wall.info Rectangle L
english-wall.info Rectangle L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

english-wall.info Rectangle L